横井町・栄町の小学生の中学校学区の変更を求める陳情

第三小学校の児童のうち、横井町及び栄町の子供達は、第一中学校へ、その他の子供達は第二中学校へ進学します。そのため、仲の良い友達とも中学進学ととも別れ離れになってしまいます。私は、実家が南町でしたので、第三小学校に通っていました。その時、横井町や栄町に仲の良い友人達がいましたので、大変辛い思いをした記憶があります。その後、高校や社会人になって再度出会ってもなかなか、その頃の関係は戻ってきません。生徒数の関係があり、長年、この学区割を行ってきたと思われます。この度、第三小学校区内の自治会長総意並びに同地区の4,534名の署名からなる陳情書が、教育長、市長、並び議長に提出されました。陳情書の趣旨は、横井町・栄町の中学校区を第二中学校に変更することであります。栄町は現在中央第三自治会であり、自治会の中で一中と二中に分かれている。少子化により生徒数の減少もあり、十分に二中への受入れも可能と判断されています。この陳情については、審議を議会の厚生教育常任委員会へ付託され、2月16日の常任委員会において議論されました。その結果、内容については十分理解されるが、島田市全体の学区割にも影響してくるので、もっと議論を深める必要があるとして継続審議とされました。

よかったらシェアしてね!
目次