島田市:社会を明るくする運動

7月15日(土)にアピタ島田店において、”社会を明るくする運動”の街頭キャンペーンを行いました。同運動は「犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ」を重点目標に、今回で第73回を迎え全国で運動が展開されています。同キャンペーンでは、染谷市長をはじめ、保護司や更生保護女性会などの多くの関係者が参加し、アピタ島田店に来店された市民の皆様に社会を明るくする運動を呼び掛けるグッズ(チラシ、ボールペン、マスコットホゴちゃんの塗り絵冊子)を配布しました。マスコットホゴちゃんも参加し、子ども達には大人気でした。今年度は、同キャンペーンの他、中学校講演や作文コンテストなどが予定されています。第73回では、前回、前々回に続き、「#生きづらさを生きていく」をメインコピーとして、犯罪や非行の背景にある様々な「生きづらさ」に思いを致し、「生きづらさ」に寄り添い合うことのできる、包括的なコミュニケーションづくりを目指して、多様な発信を展開することとしています(ポスター)。若者の孤立や孤独は、大きな問題になっています。

第73回ポスター
染谷市長とツーショット
よかったらシェアしてね!
目次