島田市平和祈念式典開催と平和を願う一日

太平戦争の終戦から78年目の8月15日に東京の武道館で「全国戦没者追悼式」が開催されました。島田市ではプラザおおるりホールで、島田市と島田市平和祈念事業実行委員会の共催により「平成5年度島田市平和祈念式典」が開催されました。開式の辞の後、戦没者等戦争により尊い命を落とされた方々に対して1分間の黙とうが捧げられました。染谷市長の式辞、来賓を代表して藤本市議会議長の挨拶、代表者による献花が行われました。その後、ガールスカート第17団の女子4人による島田市平和都市宣言が朗読されました。第二部として、実行委員会高校生委員企画の活動発表が行われ、島田市歌の斉唱、高校生委員の閉式の言葉で式典は終了しました。式典の様子は、島田工業高等学校の情報電子科放送技術班の協力によりライブ配信されました。また、おおるりのホールでは、戦争に関する展示や島田空襲の紹介が行われていました。ロシアによるウクライナ侵攻からすでに1年半以上が経過していますが、平和に向けた動きは見られません。今も、日本に向けた北朝鮮からの弾道ミサイル発射は続いています。我が国内では防衛費の増額議論が行われていますが、戦争のない世界に目を向けたいと思う一日でした。

染谷市長の式辞
戦争に関する展示
よかったらシェアしてね!
目次